VERSE688 [ASKYY / BROKEN KNIT CARDIGAN]

 

 

 

 

 

21AWの1つの要素としてブラッシュアップしている「HEATHER GREY」

今回はそのメイン。

 

 

 

 

 

 

レイヤードやボンディングなどをはじめとする細部へのデティールではなく、素材感や色味自体に焦点をあて追求する事はASKYYで比較的珍しいかと思います。

 

 

 

 

 

というのも

私たちが普段着用する服は基本的に黒がベース。

 

その”黒”への追求は至極当然のベクトルではあるのですが、

それに付随するサブカラーへも当然拘りをもたなくてはいけない項目と感じたんですね。今後ASKYYを上げていくためには。

 

 

 

 

 

黒を引き立てる脇役にもなれば、

逆に黒が引き立ててくれる主役にもなる。

その相互関係を大切に紐解きながら解釈し、今季は”黒が混ざったヘザーグレー “に注目致しました。

 

 

 

 

 

リラックス感と抜け具合。

 

 

 

 

 

僕の語彙力では事足りないのですが、

肩の力を抜き、ふらっと出かける休日。

 

 

 

 

 

モノ単体で見れば西海岸でサファリっぽい余裕はありつつも、

どうしても滲み出るのは対極にある都会感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公開いたします。

 

 

 

 

 

 

BROKEN KNIT CARDIGAN
Model:K5
Code:3/7
Season:363
Size:REGULAR,LONG
Material:WOOL50%,ACRYL50%
Color:HEATHER GREY,BLK
Made in China

 

 

 

 

 

 

初めてのダメージ加工。

Y DENIMでやってはいましたがトップスでは初。

 

 

 

 

また新たにカードが加わりました。

いつになっても学び、試みを繰り返し、

今後も加速化させていきます。

 

 

 

 

 

狙ったのは雑に着古したようなボロいグランジ感。

 

 

 

 

アウターやインナーはモードで品あるアイテムを合わせギャップを狙いたい作品。

ボロいけど、他はちゃんとしているっていうコントラストをいつまでも心がけたいです。

 

 

 

 

 

 

 

厳密にいうとこれ、加工ではなく

ニットの編みの時点でプログラミングされたもの。

 

 

 

つまりはこれ以上糸がほつれないようにしてあります。

仮に編み込まれたニットをリメイクすると永遠に糸がほどけてダメになりますので編みの時点で形成しました。

 

 

 

 

糸の選定から仕上がりまで全て0から作成。

いい仕上がりです。

 

 

 

 

 

 

■形

ベースはドロップショルダーのゆったりシルエット。

すとんと落ちるフォルム。

 

 

ボタンなどの前留は省いているのですが、それにはざっくり着て頂きたいという意図があります。

 

 

 

LOOKはスーパーロングのプロトタイプ。

実際の量産品は膝くらいの長さで着やすく。

 

 

ドルマンスリーブかつドロップショルダー仕様なので

サイズはフリーとなります。

つまるところ男女兼用。

 

 

 

 

もし巷にありふれているオーバーサイズ系に抵抗のあるお客様でも、ニットからなら楽だと思います。ボトムはスキニーで締めるのが王道でしょうか。

 

 

 

 

 

■ダメージ

本体には特に何もせず、

フチ部分のみランダムにダメージを入れました。

 

裾部分は大胆にザクザクいってて、

 

 

 

フロントのフチはほどよくのバランス。

 

 

 

ダメージ&ニットって本当相性いいですよね。

どこかロックっぽい反骨がありつつも、決して気取らない感じ。

 

 

 

 

■糸のフリンジ

さりげないですが各部にフリンジ を装着。

真面目な優等生にならぬようにした一手間。

肘と裾に計4本。

 

 

 

肘部分も縫い目を強調させ立体的に仕上げました。

 

 

 

 

 

■色展開

今回推しのHEATHER GRYと

BLKの

2色展開。

 

 

 

HEATHER GRYは2色の糸をランダムに編み込んでミックス。

BLKも同じ糸で仕上げ。

 

 

 

ヘザーグレーありきで製作したこのモデルですが、

BLKもさりげなくみえるダメージが落ち着いてて気に入っています。

 

 

 

 

 

■素材

ウール50、アクリル50の配合。

と、見た目以上に軽量にしてます。

 

 

 

冬アウターとしては寒いですが、秋には最適な肉厚感。

カウチン等のごついニットカーデの場合は肩疲れますし、アウターの下に着ることも出来ませんが今作は中間羽織として適した厚みかと思います。

 

 

 

 

タイト目なアウターではなくゆったりめのアウターと合わせるのがいいですね。むしろ薄手アウターの上にコレ羽織るぐらいの自由度でもよいかもしれません。

 

 

 

 

デメリットをいうなれば、正直チクチクなかゆみあります。

季節的にインナーは長袖になってくると思うのでそこまで気にならないかと思いますが、、ロンTかシャツ等を合わせてご着用ください。カーデタイプなので首回りもそこまで肌に当たらないかと思います。

 

 

 

ヘザーグレー のフェード感を出すために選定した、糸の太さや雰囲気。

その代償としてご理解くだされば幸いです。

 

 

 

 

 

■価格

¥39,000(税抜)。

 

 

ニットで、かつダメージありなのですが中国生産にすることで抑えることが出来ました。

21SSのボヘミアンカーデやポンチョを作ってくれた工場と同じなので品質は安定してます。コスト面がありがたい。

 

 

 

 

 

■販売方法

発売日 11/6(土)12:00- 店頭・通販同時発売
通販配送 11/8(月)以降 即納
ASKYYステッカー同封

送料無料

 

 

 

 

 

 

 

21AW唯一のニット羽織。

 

 

今後もう1作品、ニットのリリース予定がありますがそれはプルオーバータイプであり、デザイン性も強めのものなので用途は別物となります。

 

 

 

このブログでも散々お伝えしておりますが21AWはアウターの型数を相当絞っているのでこの中間羽織あたりはシーズン通してもオススメです。

 

 

ふざけたボロニット、

コーデの足しにしていただければ嬉しいです。

 

 

 

 

 

それではどうぞ土曜12時、宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

BROKEN KNIT CARDIGAN
HEATHER GRY https://www.askyy-shop.com/items/54536687
BLK https://www.askyy-shop.com/items/54536992

 

 

 

ASKYY TOKYO FLAGSHIP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中