VERSE613 [BONDING TRENCH COAT]

最近長文だったので、今日は少し手短に。

 

 

 

 

 

 

 

既存の形を破壊し再生する。

 

 

 

 

 

概念に囚われることなく、

空を飛ぶ鳥のように自由に発想し、自由に創ること。

 

 

 

 

 

 

古きを知った上で、時代さえも押し進めること。

 

それこそ表現者のあるべき姿であり1つの使命と感じます。

独自のこだわりを持たず、いつまでも模倣し続けているところは結局それ止まり。

 

 

 

 

 

 

 

 

今週分の作品、発表いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Model:J9
“BONDING TRENCH COAT”
Code:3/7
Season:362
Material:COTTON100%
Color:BLK

 

 

 

 

 

 

21ssにおける「スプリングコート」部門は今作が最後となります。

的を絞り、創り上げた個人的名作。

 

 

 

 

 

 

 

「トレンチコート」 という名称を聞いてから見るのとはまた印象が変わるでしょうか。

 

 

 

 

どのカテゴリにも括ることの出来ない様なものを創り上げることは一種の喜びさえあります。

例によって各部分のご紹介を始めます。

 

 

 

 

 

 

 

■ガンフラップ

トレンチの印象を強く残す部分としては、左見頃のガンフラップ。

もともとの起源は銃の衝撃を和らげる為に用いられた機能。

 

 

 

男性の場合、「本来左前合わせには右側にフラップ」が一般的なトレンチのセオリーなようですが、そういったしきたりよりも新しいものを創ることこそ乗り越えるべき壁と考えます。

 

左前わせは守りつつも、うち特有のレイヤードのデティールと一致させ落とし込みました。

 

 

 

(あ、写真は移転前に予め撮り溜めていたものなので前店舗の背景のままです)

 

 

 

 

 

 

■ボンディング部分

昔から続けている大好きなギミック。

 

黒い生地と黒い生地の間に繊細な白生地を挟み込むことで

全体の印象を軽くします。

 

流れるようなパイピング。

 

 

 

 

 

 

ただ白ラインが入るだけではダメで、

糸の吹き出しを誘発している華奢な繊細さがあってこその、このギミック。

 

 

 

只の安直な後付けデザインとなってしまいますから生地に質感、合理性あるレイアウト、加工など総合的な均整におって成り立ちます。

 

 

 

 

ボンディング部分は

袖周り、そして腰ベルトに。

 

 

 

 

フロント、サイド、バック。

どの角度から見ても美しくなるように調整を繰り返しました。

 

 

 

 

 

 

 

■襟元

いつも通りのナローリブラペル。

トレンチ特有の襟の大きさは大胆に排除。

あのナル・キメ感とは程遠い場所に位置させているので力の抜けた印象を与えます。

 

 

 

 

開襟時はいつも通り三角のラインが綺麗に出るように。

20ssのduster coatをお持ちのお客様は、あれとアウトライン同等とお考えください。

 

 

 

 

 

■肩周り

本来はエポーレットのつく場所。

 

当然ながらここも排除。

とことんミニマルに、デザイン上の抜け感を与え続けます。

 

 

 

 

 

 

 

■袖部分

トレンチらしい袖ベルトのギミックは残しつつ、

極力主張が少ない程度に築きました。

 

 

ボタンを2つ設けているので、若干締めることも可能です。

 

 

 

 

 

ふとした所作も絵になってくれる箇所。

 

 

 

 

 

 

■生地

繊細な2重ガーゼ。

 

 

やや透け感があるのでエアリーでナチュラルな軽さ。

肌触りはシフォンのように極めて柔らかいです。

 

 

 

長時間揉み練り本来の風合いを引き出した上、最後に洗い加工を施している為グランジ感は一層増し増し。

白糸の吹き出し、めちゃいい具合ですね。

目立ってきたらお好みでカットしてください。

 

 

 

 

服自体の重さは見た目以上に軽いので春先に最適かと思います。

梅雨まで考えると5,6月ぐらいまでは余裕で着れる薄さでしょうか。

 

 

 

 

 

 

■シルエット

サイジングは特別細身とかではなくいつも通りの縦シルエット。

Y DENIM のICE BLUEとの合わせも完璧ですね、、

 

 

僕(178cm65kg)でSIZE2を着用してちょうどです。

 

 

 

 

 

 

 

■価格

¥62,000(税抜)となります。

仕上がりは21SSの中でもトップクラスの満足度。

価格としてはいい頃合いかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

商品ご説明は以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

以下販売方法について。

 

■発売日 3/20(土)12:00- 通販発売開始
■通販配送 3/22(月)以降 即納
送料無料
ASKYYステッカー同封

 

 

 

 

 

 

PHASEⅢとしての皮切りに相応しい作品。

新店舗のラックに吊るされ風に揺れているそのサマは、

空間の1つとなり、絵になりすぎていて、自分の中でも微笑んでしまう。

 

 

 

家具等と違い、服は身につけることができるという素晴らしい特性を持つものと、改めて感じました。

気に入って頂ければ幸いです。

 

 

 

 

なお、先日のブログでも記載させていただきましたが、店頭にて先行発売させていただいている為すでに在庫が少ない状況となっております。予めご了承くださいませ。

 

 

 

また、5万円以上ご購入いただきましたお客様への先着ノベルティで差し上げておりましたASKYYオリジナルハンガーは20本の数量に達しましたので一旦終了とさせていただきます。たくさんのご購入ありがとうございました&お渡しできなかったお客様申し訳ございません。

 

またハンガーに関しては何かしら考えるので、、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

それでは土曜の12時、

皆様のご注文、心よりお待ちしております。

 

 

ASKYY / BONDING TRENCH COAT
https://www.askyy-shop.com/items/40897729

 

 

 

ASKYY TOKYO FLAGSHIP
3/12より新店舗へ移転しておりますのでご注意ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中